ジャグラー道の探究者

兼業ジャグリストの稼働記録

【あらすじ書いてるよ!】帰ってきたヒトラー 感想戦【ネタバレ!注意】

しょくーん!



17





話題のドイツ映画「帰ってきたヒトラーを鑑賞してきました
(・∀・)


自宅がある県には上映が無く、片道1時間のプチ遠征w



~あらすじ~



1945年に死んだはずのヒトラーが2014年にタイムスリップ。

総統地下壕の跡地に出現

新聞をメインに売っている売店の店主に世話になりながら
様々な新聞や書物から現在の政治や1945~2014の歴史を勉強

ヒトラーを題材にした映画がたくさん作られたことも学び

ネタ動画の題材で多く使用されていることで有名な

ヒトラー 〜最期の12日間〜」のコマも少し挿入されていました。

ヒトラー自身は現在の緑の党(環境主義で反戦や反原発を訴えている)の信条を良しとしながら、反原発はダメだと持論を展開する描写あり。


ヒトラーはリストラされたテレビマンに発掘されドイツ中をテレビマンと一緒に回り、各地の住民の意見を聞いて回る。

(この過程で犬に噛みつかれ、その犬を射殺。テレビマンに怒られて銃を取り上げられてしまう描写あり)



初のテレビ出演。長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴んだ。誤解が誤解を生み、当時はなかったテレビやインターネットでまさかの大ブレイク。(公式あらすじより引用)



実在する右派政治団体のリーダーとの会談描写あり

左派団体から訴えられ、テレビ局長のところに検察のガサ入れが入るも

検察官「ヒトラーを模した芸人の起用について、私個人は良いと思っています。形だけのガサ入れだから安心してください」



しかし!ヒトラーの活躍を快く思わないTV局員によって、先述の「犬殺し動画」をテレビで公開されてしまい、ヒトラーは相棒のテレビマンやヒトラーを推していた局長とともにテレビ界を追われる



暇になったヒトラーは約半年の間にこれまでの出来事を本にまとめる。これが「帰ってきたヒトラー」の原作本(という設定)。この本はドイツで大ベストセラーになり、映画化決定。

18







戦争を経験したユダヤ人老婆が本物のヒトラーだと気付き、ものすごい罵声を浴びせる描写あり



※(このあたりからクライマックス)

(作中における)「帰ってきたヒトラー」の(作中における)映画化で、ヒトラーが主演で撮影は順調に進む。



その頃ヒトラーをハメた局員が局長をしているTV局が倒産の大ピンチ

ここで

ヒトラー 〜最期の12日間〜」の有名な総統閣下お怒りのシーンが

局長を総統ポジションにしてパロディで再現されるw


(劇場内は爆笑w僕もかなり笑ったw)



映画撮影中にヒトラーはネオナチの襲撃を受け入院。

①それと時期を同じくして、ヒトラーの相棒役だったテレビマンが「ヒトラーは本物である」ことに気づき、ヒトラーを殺そうとする



②銃口をヒトラーに向けつつビルの屋上へ行くテレビマン

テレビマン「化け物め(的なセリフ」

ヒトラー「なぜかつて民衆は化け物を選んだ?」

ヒトラー「選挙を禁止にするか?民主主義を否定するか?私は国民が望む方向へ導くだけだ(的なセリフ」

テレビマンがヒトラーを撃ち屋上からヒトラー落下

直後にテレビマンの背後にヒトラー出現

ヒトラー悪いことばかりではなかった



カーット!! 

以上で(作中における)映画撮影終わり。

①までが現実(映画の中の現実)で②からが虚構(映画の中の映画撮影の話)

①でヒトラーを殺そうとしたテレビマンは、捕まって精神病棟に入れられるオチがついてエンディング




感想

とりあえず終盤に突然総統閣下お怒りシーンのパロディが来て

そこで爆笑したのが一番記憶に残っているw

映画開始から5分ぐらいで一瞬シーン挿入された時も劇場内で何人か笑ってて

この映画から「総統閣下お怒りシーン」の笑いは万国共通であることがわかったw


コメディぽいところでしっかり笑えてよかったと思う

風刺っぽいところは非常に考えさせられる映画だったなと思う

一緒に映画観た人が

政党に気をつかって何も言えなくなってる政治家はダメ!1人で言いたいこと言ったらみんな聞いてくれる。というメッセージに見えた

って言っててなるほどなーと。



この映画観て感じたキーワードは

愛国心の大切さ」

愛国心と履き違えてはならないもの」


この2つ。


ワシはリアル世界では思想の話があまりできない職業ですが


どちらかと言えば右派
どちらかと言えば保守寄り


その視点からこの映画を見た時

やはり自分の国のことは好きであった方が良い

と強く思わせてくれる映画でした。

ワシはドイツ人ではないけれど

作中のヒトラーの演説にはかなり引き込まれました。

しかし、それと同時に愛国心」を履き違えることの愚かさも同時に描かれていて、そこがすごく良い。


劇中で

ヒトラー「ドイツ好きか?」

若者A「好きだ!」

みたいなくだりがあって、若者がヒトラーと抱き合って写真撮るような描写がある


しかし

その後に

若者B「ドイツ嫌いや」

ヒトラー「こいつを吊るせ!!!」

っていうやりとりがあって若者Bは周りの人から凹られてしまう


愛国心はいいけど、こういうのはあかんで」


という監督からのメッセージかな?と思った。




総括すると

日本人でも十分楽しめて十分考えさせられる内容に仕上がった映画でした


点数としては 75 点!

途中若干中だるみっぽい感じになったのでこの点数ですが

かなり楽しめました
(・∀・)



次回の映画鑑賞はシン・ゴジラの4DXかなー(´ω`)

ゴジラの感想とか難しい気がするけど気が向いたら書きますw

お読みいただきありがとうございました!


http://supernomanner.hatenablog.com/entry/post-eb90