神無月の徒然

ゲーマーだったり色々

【あらすじ書いてるよ!】貞子vs伽椰子 感想戦【ネタバレ!注意】

ネタバレしまくりなので注意!

貞子ファン歴十数年のワシとしては観に行くしかない!

と思っていた作品ですな。

4







パチンコリングも低貸し時代大変お世話になったし

Images_3


パチスロリングもかなりお世話になりました

Images_2








好きな女性のタイプ:貞子・マリンちゃん



と答えるぐらいには貞子LOVE





で、7月中旬ぐらいに観に行く予定だったのですが、本日パチンカスが朝一高設定をツモれず昼に帰宅することになり、時間出来て急きょ映画鑑賞へ。

当初は4DXで観ようとしていたのですが、ギリギリ上映時間に間に合わず
(ノ_<。)

とりあえず通常版を観ることにしました

通常版が良かったら4DXも観よう

ということで友人と二人でいざ突撃!!


まず、あらすじを思い出しながら書いてみる。

※はワシの感想




貞子側の序盤~中盤あらすじ

女子大生主人公が興味本位で再生した呪いのビデオを友人が観る(画面注視していたのは友人のみで呪いは友人のみにかかる)



貞子を研究している大学の教授に、呪いを解く方法が無いか相談。教授もビデオを観る。呪いのビデオをDVDに焼く



教授が霊能者のオバハンに呪いを解いてくれるよう依頼



霊能者のオバハン・オバハンの助手A・助手Bが女子大生友人に儀式を施して徐霊しようとするも、貞子が邪魔をしてオバハン・助手A・助手B・教授を皆殺しにする

※儀式で貞子呼べるんだ・・・。みんな殺されたけど。儀式によって「友人を殺そうとしている≒貞子の獲物を横取りしようとしている」と貞子に判断されたんかな?と推測



オバハン死ぬ間際に「もっと有能な霊能者を呼んだのでそいつに頼むんだ」と遺言



女子大生主人公も責任を感じて呪いのビデオを観る



有能な霊能者チーム(30歳ぐらいの男&10歳ぐらいの盲目の女の子のペアチーム)が主人公と友人のところに来る。

「化け物には化け物をぶつけるんだ」

主人公と友人に、翌日(翌日夜が友人死亡リミット)に迎えに来るからと言い残し去る。



友人、死の恐怖から「みんな死んでしまえばいい」と、呪いのビデオを焼いたDVD(教授のところからパクった)をインターネットにアップロード。ダウンロード数6000オーバー

※友人かなり悪いやっちゃなw(一瞬映っただけだがダウンロード6300、イイネ3、ヨクナイネ123ぐらいだったように思う。)



友人、自殺をはかる。



「呪いの邪魔をした」と貞子に判断され自殺前に呪い殺される



女子大生主人公、有能な霊能者チームから「作戦がある」ことを告げられ、翌日(主人公がビデオを観て2日後で呪いリミットが夜)作戦を決行することとなる。



クライマックスへ



Images_4





以上が貞子側の序盤中盤のあらすじ


次に

伽椰子側の序盤中盤のあらすじ


女子高生が呪いの家の前の家に引っ越してくる

近所の小学生4人が呪いの家に入り、全員伽椰子と俊雄に殺される



女子高生の夢に呪いの家が出てくるようになり、夜中に起きて呪いの家に入ってしまう。



女子高生の両親が女子高生を助けに呪いの家に行くも、父親は俊雄に殺され母親は伽椰子に殺されてしまう。女子高生は霊能者チームに間一髪で助け出される。



クライマックスへ

Images_5







以上が伽椰子側の序盤中盤のあらすじ。

貞子側の話の方が圧倒的に長い

120分の映画だったと思うが、クライマックスが20分ぐらいで、そこまでの100分のうち70分ぐらい貞子絡みで30分ぐらい伽椰子絡みだったかな?と思う。


クライマックス

霊能者チーム
伽椰子に呪われている女子高生
貞子に呪われている女子大生主人公

が登場人物

霊能者チームの作戦は


「呪いの家に主人公と女子高生の2人が入り、主人公を伽椰子に呪わせる。その上で家の中で呪いのビデオを観賞し、女子高生を貞子に呪わせる。二つの呪いがぶつかりあって上手く相殺できれば助かる


というもの

※そんな上手くいくんかよwwww


女子大生主人公「そんなに上手くいくでしょうか?」

※いくんかよwww

霊能者チーム「上手くいかなかった場合は奥の手を用意しているがそれは極力使いたくない」(呪いの家の裏にある井戸に結界的なものを作る描写あり)


いざ、2人で呪いの家へGo!

(霊能者チームと主人公は電話で常に通信している)


家の中で呪いのビデオ視聴



俊雄が2人を殺そうと出てくるも、画面の中の貞子が俊雄を髪の毛で捕まえて画面の中へ引きずり込む(呪いを邪魔したと判断)



貞子、主人公を殺すため画面の中から出てくる



伽椰子、獲物を殺そうとやってくるも貞子と対峙



貞子、伽椰子を敵視し髪の毛で締め上げる。ここで一端伽椰子が四散し貞子が残る。
貞子、当然主人公を殺すため近寄ってくる



霊能者「作戦は失敗だ!井戸に来い!」と電話で告げつつ2人を助けに行く。



四散した伽椰子、すぐさま復活。霊能者が呪いのビデオを手に持ち

「このビデオは大事なんだろ?」

と言って伽椰子にビデオを投げると伽椰子がビデオを破壊

貞子が伽椰子に気をとられる。

その隙に主人公と女子高生は井戸へ。霊能者もギリギリ逃げて井戸へ





霊能者「すまないがどちらかに犠牲になってもらい、井戸の中にあいつらを封印する

※えwそんな殺生なw


主人公がその役を志願。


井戸の上に立ち投身自殺を図り貞子をおびき寄せる主人公。

貞子+伽椰子がやってくる。

貞子と伽椰子が正面からぶつかり、巨大な黒いモノが出来上がる

主人公、井戸の中へ身投げ。それを追いかけて黒いモノも井戸の中へ

(主人公、涙を流し井戸の中で死亡

(井戸にフタをしようとした霊能者、貞子伽椰子から衝撃波(?)を喰らい下半身が吹っ飛び死亡

霊能者少女「井戸にフタを!!」

女子高生がフタをする。


これで一件落着


と見せかけて


井戸のフタが吹き飛び、霊能者少女の後ろに俊雄出現(俊雄はちゃんと生きてますよ演出

井戸の中から

貞子と伽椰子が合体して出現


女子高生を貞子の目で呪い殺そう!


としたところでスタッフロールへ


スタッフロール後は

劇中に登場した貞子が普通に歩いてくる呪いのビデオではなく

貞子と伽椰子が合体したモノ(見た目はほとんど貞子)が歩いてくる呪いのビデオが流れて


最終エンディング


Images_6





以上があらすじ






良かった点

①貞子が俊雄を画面の中に引きずりこんで戦いの火蓋が切って落とされるシーンや

貞子と伽椰子が戦うシーンはかなりワクワク!

おぉ!って感じで見入ってしまった。
だがそのワクワクするシーンはクライマックスの中のさらに数分間のみである


②霊能者の男が貞子伽椰子に対抗しうる力を持っていて

お!人間でも強い奴出てきた!とかなりワクワク!

(まぁ最終シーンであまりにもあっけなく死んだけど)


③霊能者の少女が良いキャラしている。



悪かった点

何一つ問題が解決していない

特にネットで拡散しちゃった呪いのビデオどうなったんや!




登場人物がほぼ全員死ぬ

いわゆる鬱エンド。

いやホラーにハッピーエンドは合わないかもしれないけど
教授とか友人とか霊能者はもっと死に方あったんじゃない?

と思った。

あと、小学生4人とか女子高生の両親とかあまりにもあっさり死んでビビった


③クライマックスが短い

良かったところでも少し触れたが、戦闘シーンもっと長くても良かったのではないか?と思った。中盤までゆっくりで退屈なイメージの映画だったが、戦闘シーンの入りは本当に良かったので、そこをもっと長くしてほしかったなーと思う。

お互い不死身みたいなもんだし(実際に伽椰子四散しても一瞬で元に戻ってた)

もっとムチャクチャ戦ってくれてよかったんやで
(´ω`)





結 果 発 表 


点数

55



うーん(´ω`)

貞子ファンなのでかなり甘めの点数をつけましたが、問題点が目立ってしまう映画でしたなー。

特にオチは「最凶のクライマックス!」とか煽っておきながらアレでは・・・(ノ_<。)


まぁ貞子ファンなら観ておいて損は無い映画ですが、貞子も伽椰子も興味無い人を連れてったら怒られるレベルの映画かなーと残念ながら思ってしまいました。

たぶん4DXも観に行かなさそう
(´ω`)

序盤中盤で割とホラー要素あったので、終盤はホラー要素消してガッツリドンパチやってほしかったかなw




次回の映画鑑賞は、帰ってきたヒトラーかシンゴジラあたりの予定です!
(・∀・)

また暇だったら感想まとめますー








http://supernomanner.hatenablog.com/entry/post-eb90